告白の理想的なシチュエーション

MENU

告白の理想的なシチュエーション

 

告白の成功率を高める簡単な方法をお伝えいたします。

 

まあ、基本といえば基本のことです。

 

 

まずは心理学を応用した告白の理想的なシチュエーションを

 

考えてみたいと思います。

 

そこで相手の心理を揺さぶる有効的な方法を3つ

 

ご紹介したいと思います。

 

 

・暗闇効果

 

・ランチョンテクニック

 

・釣り橋効果

 

 

です。

 

では順番に行きます。

 

暗闇効果

 

暗闇効果』とは、暗闇が持つ不安感などが相手との関係を

 

急速に親密なものにさせやすくする効果のことを言います。

 

 

その不安感を打ち消すために、誰かの存在を近くに感じていたいという感情や、

 

物理的に近くにいかないと見えないという事実、そして

 

容姿の欠点を隠してくれることによる安心感などにより、

 

物理的にも心理的にも距離が縮まるとされています。

 

 

修学旅行のときとか、夜に布団の中で友達と

 

好きな女の子の名前を言い合いっことかして

 

盛り上がった経験はありませんか?

 

 

キャンプファイヤーのとき、妙に好きな子を

 

意識したりしませんできたか?

 

 

あれはまさに暗闇効果が働いているといえます。

 

 

また、暗い場所では性的興奮が高まるという

 

心理が実験により発表されています。

 

 

キャバクラやクラブなど、夜の遊び場は暗闇効果を

 

存分に利用しています。

 

 

明るいところでキャバ嬢と会い、

 

幻滅してしまう人が多いのもうなずけます(^^;)

 

ランチョンテクニック

 

次に説明するのが『ランチョンテクニック』です。

 

 

会話は、食べたり飲んだりしながらのほうがスムーズに運ぶといわれています。

 

 

そしておなかがいっぱいなどという人間の欲求が満たされると、

 

相手の要請や説得を受け入れやすくなるという効果があります。

 

 

なおかつ人間は食べている時は無防備で開放的な心理状態にあるため、

 

相手の話を聞こうとする心理も働くといわれます。

 

 

多少の難しい要求でも、通りやすくなります。

 

 

また、相手にご馳走してあげればなおのこと断りづらくもらります。

 

 

商談などのビジネスにも有効ですが、

 

告白のときにも有効なテクニックですね☆

 

吊り橋効果

 

吊り橋効果』とは、

 

つり橋を渡るときのドキドキ感、緊張感を覚えたあとに相手に会うと

 

そのドキドキ感や緊張感を相手に対して覚えたと脳が錯覚してしまうということです。

 

 

そんなドキドキ感はまさに恋愛感情のそれに似ているので、

 

相手に対して好意があるからドキドキしていると勘違いします。

 

 

吊り橋効果のこんな実験結果があります。

 

 

以下ウィキペディアより

 

 

==ここから==

 

 

実験は、18〜35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヶ所で行われた。

 

男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。

 

その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。

 

結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。

 

揺れる橋での緊張感を共有した事が恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

 

 

=======

 

 

告白というより相手との距離を近づけるには

 

夜の観覧車などとても理想的な空間です。

 

告白の成功率を高める簡単な方法

 

吊り橋効果はこれから自分に関心を持ってもらいたいとか、

 

もっと距離を縮めたいという相手にたいして有効的なテクニックです。

 

 

ですので望月がおすすめする理想的な告白のシチュエーションは、

 

上記の暗闇効果ランチョンテクニックを駆使し、

 

おしゃれなレストランへ行ったあと、夜景のきれいな薄暗い場所

 

とか、そういった流れが良いかなと思います。

 

 

しかしあくまでこれはひとつの例でありますので参考までにお願いします^^

 

 

正直告白の場所やシチュエーションはさまざまですし

 

これが絶対ということなどありえません。

 

 

しかし告白の成功率を高めることが出来る簡単な方法として

 

 

相手が空腹の時は絶対に避ける

 

夜か薄暗い場所を選ぶ

 

 

という、このポイントをしっかり抑えているだけで

 

成功率は雲泥の差となりますので忘れないでくださいね☆

スポンサードリンク